英語サイトへ

マーケティング・商品開発

現状認識

3Dプリンターにより生み出されるものやサービスは、生産数が少ないが故にニッチな市場に関するものが大部分である。これらのニッチ市場におけるマーケティングは従来のマス型のマーケティングとは異なる。インターネットを活用した戦略は当然のこととして、ニッチ市場が故に有効な手法もあるが、多くの企業においては経験が少なくノウハウも限られる。


課題認識

これまでマスを狙って行ってきた大企業が得意とするマーケティングは通用しない。また、ニッチな市場から出発してマスカスタムマニュファクチャリング市場をとらえる戦略においても経験が不足している。3Dプリンターの関連分野は広範にわたり、かつ市場規模が小さいため、個別の市場毎にきめ細かいマーケティングが求められるが、様々な分野に対応できるスキルやノウハウを持った専門家が少ない。


3DRIの強み

日本の3Dプリンター分野におけるリーディングカンパニーであるマイクロジェットが、これまで約20年にわたって蓄積してきた、ニッチ市場におけるマーケティング手法を活用した提案や各種メディアを使ったマーケティング活動をプロモート可能である。各分野の専門家からなるプロジェクトを素早く立ち上げることができる。